介護職に転職してみたい!介護の転職事情や、必要な資格、年収が知りたい。

介護職は資格がなくても仕事ができます。

介護職の資格は専門職としていろいろなものがあります。介護職に就きたいのなら資格をとっておきたいですよね。その資格でももっとも一般的なのがホームヘルパーです。 ホームヘルパーも1級と2級があります。2級は専門学校や通信教育で簡単に取得できます。その他には介護福祉士、介護支援専門員、社会福祉士、臨床心理士、理学療法士などあります。 それぞれの資格によって仕事内容が変わってきますし、業務内容も違ってきます。資格があると就職の際や職場での仕事内容に有利になります。 それぞれの資格を取得する上で決められた条件がありますので資格取得への目標を持って働くのも一つの方法です。 介護職の求人はどんどん増えていきますから就職難の今でも介護職は引く手数多です。せっかく働くのでいいお給料で働きたいですよね。資格があるとそれを武器にできます。

介護職は資格がなくても仕事はできますがたくさんの雑用などの仕事を任されることもあります。きつい仕事なので不満も多いかと思います。それでも楽しく働きたいですよね。

介護福祉士という資格について

三福祉士と言われる「介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士」の中の一つに該当します。1987年に創設された国家資格で専門的知識及び技術を持って、介護を行うことができると認定になります。

この資格を持って活動できるのは養護老人ホームやデイケアセンターなどになります。介護職では重宝される資格の一つです。

介護の現場が厳しい昨今、この専門的知識を持つ国家資格をクリアした介護福祉士の専門性をさらに高めることが課題とされています。 医療や看護、リハビリでも同様のことが言えます。 しかし現状では介護福祉士は看護師などと同じ地位を得られることはないです。看護師はそれなりに地位がありお給料もそれなりに高いですよね。

介護福祉士と言えどもその業務内容は資格を持たない人と同じです。なのでせっかく資格を持っていてもみんな離職していくわけです。 介護福祉士の資格は介護関係の学校を卒業すると自動的に取得できます。しかし、介護職につかない人が多いのも現状の課題です。 この現状は実習などで介護の現場を知ってしまった結果でしょうか?介護の現場を働きやすい環境にし、労働に見合ったお給料を支払えるようにして欲しいですね。