介護職に転職してみたい!介護の転職事情や、必要な資格、年収が知りたい。

介護職は女性が多いのが特徴です。

介護職は看護師と同様に女性が多いのは特徴です。 では介護は本当に女性向きの仕事なのでしょうか?お年寄りの入浴などはかなりの重労働ですし、力仕事ですよね。 仕事内容から考えると男性の方が適しているように思われます。

では年齢的な面でみるとどうでしょうか?介護はきつい仕事です。 若いとすぐに辞めてしまうという不安もありますがこれは年齢問わずに起きると思います。 資格の有無や経験者など考えるとやはり経験や資格を持っていると採用されやすいのは事実です。 しかしこの就職難の時代でも介護職の求職状況は良くて、常に求人があります。 選り好みさえしなければ誰でも採用されます。 しかし介護職はお給料面で見合ったものをもらえていないのというのが現状です。 これが介護職離れであるといえ携わっている人の不満にもなっているでしょう。 そして介護職の現場では未経験者を育てるシステムが作られていないのが現状です。

介護職は離職率の高い職場です

介護職は慢性的な人手不足です。 この状況も職場に夜という頃です。介護の仕事に問題があるのではなく、その職場の待遇などを含め合わないということが大きな理由のようです。 介護の職場において人の入れ替わりが激しい職場の特徴をあげてみました。 一般的に介護職は多忙で、過酷な労働条件。そんな中新人教育もしないといけない。 こんな状況で新人が十分に育たないのが現状です。 たとえ介護の専門学校を卒業したとしても現場では初心者ですので、しっかりと指導者が必要になります。 しかし介護は相手が人間です。「まった」が効かないです。ついつい目の前にあるしないといけないことを優先してしまいます。 新しい人材の育成までに手が回っていないのです。 しかし人事を育てることは介護施設のサービス向上にもつながります。