介護職に転職してみたい!介護の転職事情や、必要な資格、年収が知りたい。

介護職の転職事情

介護職の仕事はとにかく大変です。そして職場によっては夜勤もあります。早番、遅番などの出勤もあります。夜勤は大変な負担ですよね。 まず自分の体への負担、家族への負担もあります。看護師ほど給料が高くないのに・・・と思う人も多いです。 そして介護においては気持ちの面で負担になることも多いようです。精神面の負担は回復するのに時間がかかりますよね。 介護職の転職を考えた場合、しっかりと現実を捉えておきたいものです。条件のいい職場はないと思っておいた方がいいでしょう。 全体的に雇用環境がよくないと考えておいた方がいいです。

しかし介護に携わる方はまずこの介護にやりがいを求めたり、介護職が好きという理由でつかれている人も多いようです。 しかし条件が悪くて離職に繋がっています。 男の人は結婚して家庭を持つと家族を養える給料をもらわないといけないですよね。しかし介護職では十分なお給料がもらえないので、結婚を期に離職されるパターンもあります。 うまくストレスを発散して自分にあった条件の職場が見つけられといいのですが・・。

介護職の平均年収

介護職はお給料が安いというのは周知だと思います。しかし具体的な年収は知らないほとがほとんどなのではないでしょうか? 実際の年収は事業所によって様々です。しかし家族が養えるほどの十分な年収とはとても言い難いです。 年収は200〜300万円が相場です。そして夜勤手当やボーナスなどの違いが年収の違いになってくるでしょう。

しかしながら、介護職の中で高収入という方と他の職業に比べると介護職の高給は安月給になります。 介護職に生きがいを感じている人は独身の時にさほどこの年収に苦を感じないかもしれないです。 しかし家族を養わないといけないと思った時に収入は問題になってきます。 共働きができるならそれでもOKですが、奥さんが妊娠して働けなくなったりすることもあります。 そうなると1人で養っていくには厳しい年収ですよね。 介護職を目指すなら、この現状もしっかりと把握しておくべきでしょう。